2014年1月23日

ホルスの祭典が行われたシドニーで落雷による山火事が広がっている。


CANBERRAAustralia - 先週の日曜日、オーストラリアのNew South Wales州の山火事が90件以上発生した。山火事の危険性はこの地域にとどまらず、隣接したVictoria州、オーストラリアの南に位置する州を脅かしている。


一晩中雷が鳴った後、オーストラリアで最も人口が密集した地域であるNew South Wales州全域で山火事が93件も発生したと、消防庁のスポークスマンが発表した。この火事が起きたシドニーの西に位置するMinimbah村では、少なくとも3軒の家が火災で焼失しており、現在900人の消防士たちが日曜日の遅い時間まで炎と死闘を繰り広げていると述べている。






*北半球に位置し、米国とヨーロッパが大雪と寒波に苦しめられているというニュースとともに、現在夏の季節である南半球のオーストラリアでは、長い間続いた高温と干ばつ、そして異例の夜に落ちた落雷により、93カ所で山火事が発生している自然災害が続いている。

93件の山火事が発生したことで知られるニュー·サウス·ウェールズ州( State of New South Wales )は、オーストラリア南東部に位置する州で、その州都が有名なシドニーである(オーストラリアの首都はシドニーではなく、キャンベラである)。

全世界で最初に炭素税を施行したイルミナティのNWO (世界政府)政策に積極的な歩みを見せてきたオーストラリア政府は、2014110時を期して、適切な場所ニューサウスウェールズ州の行政首都(州都)であるシドニーで、Shineというテーマで議論の中心となった新年花火大会を開催している。

下の写真で確認できるように、今回の花火は、 2014年にオーストラリアと、世界中でホルスの恵みを照らす道を( shine (またはホルスが支配する世界があれと)祈る気持ちで企画されたものである。




2014年の新年を迎え、ニューサウスウェールズ州(State of New South Wales)の行政首都(州都)であるシドニーで、ホルスが支配する世界があれと祈願する花火の祭典を繰り広げている。


このように、ルシファーの化身ホルス(反キリスト)を賛美し、神に敵対する花火大会を開催したこの地域では、先週の日曜日の夜に落雷が落ち、93箇所で山火事が発生した。偶然と見るにはあまりにも異例の事件だという気がする。


もしかしたら、稲妻の神ゼウスとも描写されるルシファーがルシファーの息子(化身)であるホルスが降臨することを願って祭典を行った場所に、雷(青天の霹靂)が降りて恵みを施したのだろうか?



2 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除
  2. Hello sir thank you, I've visited your blog and I have read the article from the beginning to the end, thank you sir I got a good lesson, may be useful for me, thank you sir hope your job will be a blessing.
    Alat Bantu Sex , Alat Bantu Sex Terbaru , Sex Toys Terbaru , DILDO Vibrator Rechargeable – Alat Sex Wanita Terbaru

    Best wishes

    返信削除